実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

このような 心配ごと や 悩みごと はないですか?

  • 利益率をアップさせたい!
  • 事業承継したいがアナログが多すぎる!
  • 経営情報が見える化できていない!
  • 担当者に辞められると本当に困る!
  • システム化に数百万円も出せない!
  • そもそもシステム化の人材がいない!
  • 事業承継したいがアナログが多すぎる!

これらを解決して

らくして、楽たのしくを提案します!

毎日の業務において、無駄なデータ処理作業(付加価値のない重複、再入力、チェック)を無くして、浮いた時間や人件費を本来必要な業務にシフト。
残業を減らして、余暇や家族との時間を増やします!

業務の改善、効率化は当たり前。日々のデータを蓄積し、分析して活用。

 お客様に対して満足度アップ!

 社員に対しても満足度アップ!

 そして、売上・利益もアップ!

GKサポートがお手伝いさせていただきます。

は、あなたの番です。

お客様の声

有限会社ヤマダプレス 山田和江 様

「システムを自分で作るってどういうことです? 本当にこの私でもできるのですか?」

 長年、先代から受け継いだ手書き台帳での管理、Excelも補助的にしか使っていませんでした。将来、事業を息子にバトンタッチして継いでもらうにしても、今のやり方ではいけないと感じていました。
 そんな時、商工会議所で関心のあるセミナーがあり参加しました。うちと同業種で同規模の会社が、しかも女性が中心となって内製化した生産管理システムの内容だったからです。


 今までシステム化については、どうしたらいいか?社長と何度となく考えていました。金属加工を営んでいる知人が、2年前、システム業者に依頼して数百万円かけ、パッケージ型の生産管理システムを導入していました。実状をその方から聞いていて、システム化には慎重になっていました。自社にマッチした使いやすいシステムにするには、カスタマイズが必要で高額になるのだと思っていましたので。
 セミナー後、中小企業診断士の小口先生から数回、GKサポート(GKS)さんからも説明を受け、「自社の業務にマッチしたしくみを自分たちで作れるように支援しますので、意識を変えてやってみませんか!」の提案をしていただきました。”システムを自分で作る!”とはどういうことなのか?本当に自分でもできるのか?よくわからず不安はありましたが、社長からの「やってみたら!」の後押しもあり、GKSさんの指導、支援を受けることを決め、システム化に向けてスタートとなりました。
 GKSさんには、数回訪問(途中からZoomによるリモート)をしていただき、システム化の基礎から始まり、データベースソフトの操作、活用方法を教わり、その後、打ち合せを重ね、業務の洗い出しと宿題もこなし、システム化に向けて詳細レベルまで詰めていきました。大変でしたが、回数をこなしていくうちに何とか出来そうだと思えるようになりました。

 神奈川にいる大学生の次男が、私が行っているシステム作りに興味を持ち手伝ってくれることに。力強い支援者が現れました!そこで、急遽、GKSさんに次男のシステム教育をお願いし、次男には、20種類以上のレポート(専用帳票)作成の担当を頼みました。
 システム化にあたっては、GKSさんに30回以上に渡って素人同然の二人を、自分たちでデータベース、専用帳票や画面を作れるレベルにまで、根気よく丁寧に指導していただきました。また、追加と変更は自分で行う条件付きで、簡易の生産管理システムも作成していただきました。
 ”システムとは、業務を整理して効率よくできるようにしくみ化すること!そして、自分で作ることによって、自社にマッチしたシステムになり、自由に追加や変更ができ費用もかからない!”
 ここまで来るのに、相当な苦労と時間がかかりましたが、諦めずに取り組んで本当に良かったと思っています。
 現在、データベース58個、専用帳票24個、専用画面12個ですが、まだまだ追加や変更部分があります。引き続き、GKSさんの指導、支援を受けながら、PRESSLY(システムの愛称)をバージョンアップとマニュアルも整備していきます。このPRESSLYとこれから蓄積されるデータを活用して、作業、工程、品質、経費の改善、そして、引き続きお客様に信頼をいただける迅速な対応に取り組んでいきます。(2020年11月 現在)

素人でも手作りできる!
生産管理システムの作り方
有限会社ヤマダプレス 様 編

飯能精密工業株式会社 取締役 豊田美子 様

業務の効率化、経費削減に成功! 蓄積されたデータは会社の財産!

 生産系のデータ処理は、主に手書きと電卓で、材料算出など補助的にしか使っていないExcelでの運用に限界を感じていました。そんな中、延べ30回ほど訪問していただき、システム化に関する多くのノウハウを伝授していただき、自社にマッチしたシステムをいっしょになって推進していきました。
 システム運用後、戸惑いながら8ヶ月ほど経過しましたが、まず支払や請求の処理について大改善ができ、相当な効果が出てきています。また、時間はかかりましたが、システム化にあたっては素人同然の私たちを、データベース、専用帳票や画面を作れるレベルにしていただいたので、今後、自分たちでシステムの追加や変更もできそうです。何よりもデータを処理するのが苦痛ではなく、たいへん楽になりました。
 現在、ときどき蓄積されたデータをながめて分析するようになりました。
今まで、データを貯める、分析する、活用するなどはあり得なかったことです。
更なるステップに行くことを目標にしたいと思っております。 (2016年 4月 現在)
素人の女性でも手作りできる!
生産管理システムの作り方
飯能精密工業株式会社 様 編

お客様の共通の感想

  • 受注から生産、納品、請求までがデータで繋がった!※原価管理に手が付けられる!
  • 経営判断に必要な情報(受注、生産、売上など)が瞬時に集計できるのがいい!
  • 自社にマッチしたシステムが作れた!自分たちで追加・変更ができるのも嬉しい!
  • 取引先、部品、材料、機械、工程、単価などのマスタデータの整備ができた! 
  • 蓄積されたデータを活用して、経営改善に生かしたい!
  • 経営判断に必要な情報(受注、生産、売上など)が瞬時に集計できるのがいい!

導入の効果
例えば

支援させていただいたお客様の効果

頂いたお金 計200万円
※訪問40回、運用後、半年でシステム化の費用を回収!

数値効果

人件費、材料費、諸経費トータルで 年間 550万円 削減!

・人件費  管理で30%減、経理で70%減
・仕掛り、部品在庫金額  30%減
・材料発注金額  40%減

10年間で、5000万円以上!

プラスして・・・
定性効果

・価値のない重複、再入力の撤廃!
間違い、入力ミスの低減!
過去のデータが簡単に探せる!
経営判断に必要な情報(受注、生産、在庫、売上)が瞬時に確認できる!

さらにプラスして・・・
波及効果

・自分たちでシステムの追加・変更ができる!
・顧客対応 (生産調整、納期、見積、クレーム) が早くなった!

・データを蓄積し、次世代に伝承できる!
・経営管理上のすべてのしくみに応用できる!
・無駄な購入がなくなった!
・販路拡大に生かせる!
・事務室、製造現場の整理整頓につながった!
・データ処理作業の苦痛が和らいだ!
・社員の意識に変化、筋肉体質経営になりつつある!

プラスして・・・
定性効果

・価値のない重複、再入力の撤廃!
間違い、入力ミスの低減!
過去のデータが簡単に探せる!
経営判断に必要な情報(受注、生産、在庫、売上)が瞬時に確認できる!

GKサポートは、

日々の業務上(顧客、見積管理や生産管理)のデータ処理について、要望を聞いて請け負ってオーダーメイドのシステムを開発して納めるのではなく、データを効率よく、かつ蓄積して徹底的に活用できるように、基礎から応用までのノウハウを伝授して、自社にマッチしたシステムを作っていただくお手伝いをいたします。

例えば、自ら料理ができるように作り方を習う料理学校や自ら車を運転できるように習う自動車教習所のような感じです。

こんな方のお役に立ちます!

  • 小規模製造業者様、事業者様
  • 取扱件数が多い
  • 業務内容が複雑
  • 手書き、電卓、Excel が中心
  • 取扱件数が多い
分かりやすく言うと
強み

システム化が素人の方に、システムの基礎、作り方を教えて、伴走していっしょにシステムを作ります!

メリット

自社にマッチした柔軟なシステムが作れます!複雑な業務でもシステム化できます!

さらにメリット

プログラムは使わず、作り方を習得できるので、自分たちで追加や変更ができます! また、日々蓄積された大量データを分析・活用できるようになり、いろいろな改善に繋がり!そして、データはきちんとした使える形で次世代に残せます!

メリット

自社にマッチした柔軟なシステムが作れます!複雑な業務でもシステム化できます!

きちんとしたシステムを手作りしてみませんか!

※飯能精密工業社、ヤマダプレス社で実証済み!

過去の見積データが数千件、数万件でも瞬時に探せる!

受注時に月の受注金額や納品予定数(客先別、部品別)をはじめ、すべてが紐づくので、在庫引当数、工程別負荷(作業者、機械)、外注先別負荷(発注数、金額)、材料別必要数などが簡単にわかる!

日々蓄積されたデータを分析、活用することにより、作業、工程、品筒、経費の改善が可能になる!※客先に対しては、管理手法をアピール、またデータによるコストアップ依頼も可能になります!

費用

訪問対応の場合、1日6時間6万円+税 が基本となります。

※人数が2名以下の場合となります。
※3名以上、土日、時間帯、場所などは、ご相談させていただきます。
※システム化に使用するツール代は、パソコン1台に付き1本(約4万円)必要となります。

<これまでの実績>
業務処理が複雑な生産管理、工程管理のシステム化では、平均100~200万円(15~30回分)要しています。
※システム化による効率・効果で、数ヶ月~1年くらいで費用回収できると確信いたします。

よくある質問

  • Q
    システム化するツールは何ですか?
    A
    日本の業務(伝票、印刷の文化)に適した、中高年でも使いやすい、日本製のデータベースソフトの 桐10s を採用しています。Excel は基本的に使いません。
  • Q
    自分たちでシステム化できるでしょうか?
    A
    システム化できるように基礎、データの分析、活用方法などのノウハウを伝授します。日ごろ、Excelを使っている方なら大丈夫です。問題ありません。
  • Q
    自分たちでシステム化できるでしょうか?
    A
    システム化できるように基礎、データの分析、活用方法などのノウハウを伝授します。日ごろ、Excelを使っている方なら大丈夫です。問題ありません。

お電話

9:0018:00 ※土日祝除く

プロフィール

GKサポート 代表 本庄広行
GKサポート 代表 本庄 広行

1958年大阪生まれ。中学校、高校時代は長野県松本市で過ごす。青山学院大学経済学部卒。NECの関連会社でSEを経験後、20年間勤めたカシオ計算機では、生産管理、資材購買、海外生産拠点のシステム構築、商品企画、保守、修理サービスマンの教育などに従事。資材購買時には、仕入先50社以上の製造、管理現場での非効率な業務処理を目の当たりにし、以来15年以上、特に小規模製造業者向けに業務系システム作りの指導・支援。
モットーは即実践と即効果。
趣味は旅行、ゴルフなど。
2018年10月から独立。

趣味のゴルフ ページはこちら


セミナー開催実績


2018年 9月20日
業務にマッチした、プログラム不要の「生産管理システムの作り方」
場所:飯能商工会議所
2018年10月 3日
業務にマッチした、プログラム不要の「生産管理システムの作り方」
場所:飯能商工会議所
2019年 3月22日
小規模事業者向けセミナー「生産管理システムの作り方」
製造業者をはじめ、中小企業診断士、社会保険労務士、産業カウンセラー、信用金庫、商工会議所の経営指導の方など計21名が参加
場所:諏訪商工会議所
2019年 7月12日
小規模事業者向けセミナー「生産管理システムの作り方」
製造業者を中心におよそ20名が参加

場所:茅野商工会議所
2019年 9月25日
小規模事業者向けセミナー「小規模製造業の生産管理システム構築」
製造業者を中心におよそ10名が参加

場所:岡谷商工会議所
2019年 9月19日 長野日報
2019年 9月19日 岡谷市民新聞
2019年 9月19日 岡谷市民新聞
2021年 3月19日
小規模事業者向けセミナー「生産管理システム構築 説明会」
※有限会社ヤマダプレス様の支援事例紹介

参加対象者を限定、4社が参加
 ・本格的な生産管理システムは未導入
 ・業務処理を主に手書きと電卓、Excelも補助的に使用
 ・実際に取り組む方は経営者側の方

場所:岡谷商工会議所 ※オンライン開催(東京からリモートで説明)

GKSコーディネーター

長野県 諏訪地区
・中小企業診断士
・社会保険労務士
・行政書士

TEL   0266-22-5458
携帯  080-5109-0686

GKSサポーター

New
埼玉県 飯能、狭山地区
豊田 美子 飯能精密工業株式会社 取締役
・町工場の経理ウーマン
・桐システムの凄さを伝えていくこと

TEL 042-973-1251

屋号 GKサポート
所在地 〒191-0062  東京都日野市多摩平2-5-1
Tel 050-5328-3761 9:00~18:00  ※土日祝除く
Tel 050-5328-3761 9:00~18:00  ※土日祝除く
小規模製造業者様へ

GKサポートは、今まで特に小規模製造業者のシステム化対応人材の教育に力を入れてきました!
なぜなら、自社の業務にマッチした、使いやすい、身の丈に合ったシステムを自社で作れないと、また、日々蓄積されたデータを活用して、経営改善ができるスキルを身につけないと、本質的な解決にならないと思ったからです。そして、小規模製造業者に対して、単なるシステムを導入するのではなく、現場の課題を感じとって、その会社に合ったシステム化人材を教育してくれる専門家がいないからです。

今まで特に製造業での「データ処理における課題」を肌で感じたいため、管理や製造の現場(30年で100社以上)をよく見てきました!小規模製造業者(従業員20名以下)における生産管理業務のデータ処理の主な実態は、①数百万円を投じたシステム+Excel、②Webシステム+Excel、③販売管理ソフト+Excel、④手書きと電卓+Excelで、④の方法がもっとも多く、属人化(担当者でないと分からない)しているところもあると感じています。
今日、Excelはどこの企業でも重宝されています。私も手軽に使える完成されたツールのExcelには、とても恩恵を受けてきましたが、業務量と併せてデータ量が増えてくると、使い勝手に限界があると感じます。決して否定しているわけでありませんが、適材適所という考え方では、業務量とデータ量が多い状況では適さないと思います。大手企業ではExcelをメインにして、基幹システム(きちんとしたシステム)を構築していません。

きちんとしたシステムを構築すれば、対効果(人件費、材料費、その他経費、働き方、経営改善など)で費用は、1年以内にペイできると確信しています。構築後もシステムスキルが身についているので、費用(追加や変更)の持ち出しはありません。
構築には相当な労力と時間を要し、それなりの覚悟が必要ですが、最後まで諦めなければ失敗することはありません。システム化素人の方でも大丈夫です!GKサポートが伴走して支援いたします。


ご相談ください!


当ホームページの制作にあたって支援をお願いした方

ペライチ認定サポーター エクラ
今回、誰でもカンタンに1ページもののホームページが作れるサービス、「ペライチ」を採用して制作しました。